HOME >日本セルフリフティング協会概要

日本セルフリフティング協会概要

代表挨拶

たるみ改善!顔ダンスは、単なる表情筋トレーニングではありません

目の下のたるみやほうれい線は、いつまでも若く美しくいたい女性にとって、非常にショッキングなものです。しかし、目を覆いたくなるような老け顔の象徴である「たるみ」やそれに伴うシワのある顔は、実は、あるポイントを押えるだけで、簡単に若く見える顔、老け顔とは無縁の顔を作ることができます。これを「顔をデザインする」といいます。

具体的には、「若見え3点セット」メソッド、「ポニーテールライン」メソッドが、あなたの顔を若顔に導きます。これらのメソッドを用い、若々しい顔、自信に溢れたオーラのある顔をあなたに実現します。これが「たるみ改善!顔ダンス」の神髄ともいえます。

女性は年齢とともに枯れていくのではありません。年齢重ねるごとに、若いころには無かった、その人が歩んできたすべての経験が熟成され輝いていくのです。その人が持って生まれた個性が光る顔、年齢重ねれば重ねるほど、もっとも美しく見えるように導く顔デザイン、それが、たるみ改善!顔ダンスなのです。

老け顔の最大原因は「たるみ」です。

「たるみ」ほど女性を老けて見せるものはありません。
しかし、筋肉のガードルさえあれば、「たるみ」のない顔を持ち続けることができます。

体の筋肉は、骨から骨に付いていますが、表情筋(顔の筋肉)は皮膚から皮膚、もしくは骨から皮膚についています。したがって、土台となる表情筋がゆるめば、必然的に脂肪層を含んだ皮膚が丸ごとごっそり下がることになります。これが「たるみ」です。

体は筋力トレーニングを継続していれば、80歳になっても、若々しいボディを保つことが出来ますが、こと顔に関しては、鍛えることなく置き去りにされています。顔もトレーニングを継続すれば、たるみのない若々しい顔を維持することができるのです。

表情筋を鍛えるメリットは沢山あります

表情筋とは、顔にある約30種類の筋肉のことです。しかし、日常生活の中でよく使われる筋肉はたったの20~30%だけ。あまり使われない筋肉は衰えやすく、表情も乏しくなりがち。筋肉は使わなければ年々衰えていきます。

一方で適度に負荷をかければ、弾力を持たせ、発達させることが出来る性質を持っています。表情筋を正しく鍛えることで筋力を取り戻せば、年齢重ねても顔を若々しく保つことが出来るのです。

また筋肉は血行促進作用を併せ持っているため、適度な表情筋トレーニングは肌へ酸素や栄養素を行きわたらせ、ハリのある美しいお肌を作ります。

協会概要

法人名
一般社団法人日本セルフリフティング協会
代表理事
加藤 ひとみ
住所
〒107-0062 協会事務局 東京本部
東京都港区南青山6丁目7-5-404

〒651-1233 協会事務局 神戸本部
兵庫県神戸市北区日の峰5-10 5-606
お問合せ
info@self-lifting.jp
電話番号
03-6427-4636(平日10時~17時)
設立
2012年2月設立
事業内容と目的
◆美容と健康に関するコンサルティング事業
パーソナルコンサルティング
グループコンサルティング

◆美容と健康に関するセミナー・講習会の企画、運営及び開催事業
基本レッスン、コースレッスン、 ブラッシュアップレッスン
少人数レッスン、パーソナルレッスン

◆研修事業
美容と健康の情報提供のための会員制組織「女磨き塾プレミアム」主催
顔ダンス認定講師、インストラクター向け教育、養成、派遣及び研修

◆美容商品開発事業
新・機能性無添加コスメ プロデュース
美容と健康に関する化粧品、美容器具の販売
機関紙、学術図書及びその他刊行物の発行及び販売
協会理念について

ページTOPへ