HOME >レッスン案内 > 基本の顔ダンス(目の下のたるみ解消)

基本の顔ダンス(目の下のたるみ解消)

目の下のたるみ(目袋)対応レッスン

比較的、早い時期から気になり始める「目の下」の「たるみ」「ふくらみ」。この目袋(目の下のたるみ)はさまざまな原因が複合して発生しますが、その中でも目の周りの筋肉である「眼輪筋」の緩みが、目の下の悩みを解消する上で重要なポイントとなります。

「眼輪筋」は表情筋の中でも緩みやすい筋肉であり、年齢重ねるにつれ確実に緩みは進行します。「眼窩脂肪」が突出して、目の下部分に現れ膨らみができること、「目袋」と表現しますがこれをガードルのようにしっかりと押さえる「眼輪筋」を強化することは、若々しい目元を維持するために必須のトレーニングといえます。

しかし、目の周り、特に目の下を意識的に持ち上げるという動きは日常生活ではない動作なので難しく感じる方が多数。しかし、やってみれば割と簡単に、かつ確実にできるようになるので心配は一切不要です。ぜひ気軽にチャレンジしてみましょう。

こんな方にお薦めです。目の下のたるみ(目袋)が気になり始めた方目の周りにハリが無くなったと感じる方老け顔の自覚があるがどこから手を付けて良いか分からない方「たるみ改善!顔ダンス」をレッスンで正しく身に付けたい方初めて「たるみ改善!顔ダンス」に挑戦しようと思っている方

レッスンの内容

「ベーストレーニング」は、「たるみ改善!顔ダンス」の中で核となる最も重要なトレーニングとなります。これを完全にマスターすればたるみ対策は万全といっても過言ではありません。

「基本の顔ダンス(目の下のたるみ解消)」では、特に目の下のたるみ(目袋)に有効なトレーニングを重点的に解説し、実技で学んで頂きます。

ご自宅で自信を持ってトレーニングできるようになることが目標です。初心者が対象ですが、経験のある方でも基礎からしっかりと確認したい方はぜひご参加ください。

Q 3つある「基本レッスン」のうち、どれを最初に受講するのがよいですか?

「目の下のたるみ(目袋)」「フェイスラインのたるみ」「顔全体の老け感」とそれぞれの悩みに対応した基本レッスン。「どれから受講すればいいの?」というご質問をよく頂きます。もし一番気になるところが、「目の下のたるみ(目袋)」であれば、この講座。「フェイスラインのたるみ」が気になるあなたは「基本の顔ダンス(フェイスラインのたるみ解消)」がお奨めです。「どこか一つとはいえない」あるいは「どれも気になる」という方は「基本の顔ダンス(顔全体の老け感解消)」がお奨めです。

Q どんな方が受講されていますか?

女性がほぼ100%。年齢は30代~60代と幅広く特定の年齢層に偏っていないのが最近の傾向。20代の女性もいらっしゃいます。ここ数年は東京・大阪両会場のいずれもが毎回満席になるなど、セルフリフティングに挑戦する方が増えています。

アンケート結果をみると、「目の下のたるみ」や「フェイスライン」への悩みを持つ方が過半数を占めます。顔全体のたるみや老け感に悩む方も少なくありません。

スクール形式の講義と、講師のお手本に合わせて実際にやってみる実技をバランスよく織り交ぜたレッスンです。最初はお互い恥ずかしさもあるようですが、同じ悩みを持つ者同士、とても楽しい雰囲気でレッスンは進んでいきます。目の下のたるみに悩む方はぜひご参加ください。

概要・料金

講座名
基本の顔ダンス(目の下のたるみ解消)
受講日時
当サイト「日程・お申込み」よりご確認ください。
講義時間
90分
講義回数
1回
会場
会場についてはレッスンの日程表にてご確認ください。
レッスン内容
「たるみ改善!顔ダンス」の中で、特に目の下のたるみ(目袋)に有効なトレーニングを重点的に解説し、実技で学ぶレッスンです。
テキスト
写真をふんだんに使い、ご自宅での復習も手軽にできるオリジナルテキストを会場でお渡しします。【非売品、A4版34頁】
当日の服装・メイク等
・特に服装等の指定はありません。
・メイクは普段どおりで結構です。レッスンにあたり、メイクを落とす必要はありません。
・前髪がかからないよう髪留め(ピン等)をご準備ください。
ご準備いただきたいもの
・筆記具
・卓上鏡(ご自身の表情を確認するためのもの。直径15センチ以上を推奨)
・髪留め(ピン等)
受講費用
7,000円~1万円(税込) ※ 講師により異なります

お申込み方法

当サイト「日程・お申込み」よりご確認ください。
※お電話での受講申し込みは現在行っておりません

目袋対応に申し込む

基本レッスン/フェイスのたるみ対応について

ページTOPへ