HOME >たるみ改善!顔ダンスとは? > 15のベーストレーニング【1~5】

15のベーストレーニング【1~5】

トレーニング(1~5)

  • 1 目に輝きを与える
  • 2 老眼を予防する
  • 3 額を鍛える
  • 4 目尻のシワと目袋を予防する
  • 5 頬を高くする

トレーニング(6~10)

  • 6 口周りの筋肉を鍛えほうれい線を予防する
  • 7 あごの筋肉を鍛えブルドッグを予防する
  • 8 頬にハリを与えほうれい線を予防する
  • 9 首の横シワを予防する
  • 10 頬下の脂肪を絞り取る

トレーニング(11~15)

  • 11 目の周りのトレーニング
  • 12 眉間のシワを引き伸ばす
  • 13 口の中から顔にハリを与える
  • 14 鼻筋をとおし鼻を高くする
  • 15 最高の笑顔を確認する

目をイキキとさせる

目は積極的に動かさないと、年とともに「死んだ魚の目」のようになってしまいます。なぜなら眼球をほとんど動かすことなく生活するからです。

人間普段の生活の中では9割が真正面より下を見ている。
首を動かさないで見る範囲というのは、圧倒的に下側です。

そのため眼球を上方に動かす、というのは最初難しく感じるかもしれません。
瞳に少女マンガのような星を入れるには眼球を上に楽に向けられるようにならなければなりません。

眼球のトレーニングです。これにより、目にイキイキ感を与えます。

準備 ・・・ 顔は正面。
・眼球のみ、上から下
・左から右
・左上から右下
・右上から左下
・ぐるりと回す。

・反対方向にぐるりと回す。 (すべて一回ずつ)

・ぱちぱちとまばたきを数回する。
・目を大きく開く(目に風が入るような感覚。眉毛は上げないこと)
・軽く目を閉じる
・もう一回大きく開く。
ポイント ・・・  顔は動かさず眼球のみ動かす。

40 代から急速にすすむ老眼を遅らせよう

①右手の人差し指を顔の前で立てる。
爪がはっきり綺麗に見える位置に調節する。

②遠くに離しても見えるように焦点を合わせる。
さらに指を離し、焦点を合わせる。

③今度は限りなく目に近いところに人差し指を移動する
その爪がしっかり見えるようレンズを調節する。

2~3 回繰り返す

額のシワを予防し上まぶたを引き上げる

①人差し指と中指でチョキを作り、
二本の指をくっつけて額に当てる。

②そのまま額を固定して
まゆげの上げ下げをゆっくり10 回する。

③上げたままキープ10 秒

ポイント:指を額にしっかり固定して
眉毛を上げても額にシワが寄らないようにする。

1セット

1 日1回目の回りにアイロンをかけよう

①片方の手で鼻の付け根をつまみ

②もう片方の人差し指でこめかみを上方へ引っ張る。
ゆっくりと10 回 目を開いたり閉じたりする。

反対に手を替えてゆっくりと10 回目を開いたり閉じたりする。

③中指を眉頭、人差し指を眉尻に置き、
その指を少し上に上げる。
ゆっくりと10 回、目を開いたり閉じたりする。

④目を閉じたまま、キープ10 秒

1セット

若顔に必須のトレーニング

頬を高くすることは、若々しい顔に絶対必要です!
ポイント 頬が痛くなるまで頬を上げた状態を維持する。

1セット

15のベーストレーニング(6~10)

ページTOPへ