真皮のコラーゲンを増やす方法

コラーゲンがお肌に良い、というのは、もう誰もが知っている話ですよね。
ですが、コラーゲンを飲んでいるのに、美肌になれない、シワが消えない。ちっとも効果ないじゃん。と思っている方も少なくないのが実態です。

なぜ必要なのか。どんな風に飲む必要があるのか。どんな商品が良いのか。
そうした事を理解してこそ、コラーゲンを最大限に活かす事が出来ます。
真皮のコラーゲンが増えれば、お肌の保水力がグンと高まり、お肌にハリが出て、シワも薄くなり、たるみも改善されます。

今回は、コラーゲンを活かすための正しい知識、正しい選び方、正しい飲み方の話をしたいと思います。

1.なぜコラーゲンがお肌に良いのか

コラーゲンは、アミノ酸の塊で、そのアミノ酸の元はタンパク質です。
お肉やお魚などのコラーゲンが、胃の中でアミノ酸に分解され、そして、そのアミノ酸が、血中で「コラーゲン」という形になるわけです。

では、そのコラーゲンが、どうしてお肌に弾力を与えてくれるのか?

その最大のポイントが、「真皮」なのです。
真皮には、コラーゲン、エラスチンといった線維やヒアルロン酸などの基質で出来た線維芽細胞が存在しています。

真皮を構成する成分の割合は

・ コラーゲン約70%、
・ エラスチン約0.6~2.1%(組織により異なる)
・ 基質の主成分である「ムコ多糖類」は約0.1~0.3%。

真皮の70%はコラーゲンなんと、コラーゲンが70%もの割合を示すんですね。
コラーゲンの質と量が肌のハリを決めてしまう、というのがよく分かります。

ですが、真皮のコラーゲンは年々確実に減り、また質も固く変化してきます。

毎日、良質のコラーゲンを摂取する事は、若々しい印象を保つために、非常に重要となるのです。

わたくしは、コラーゲンの摂取は、サプリメントを利用していますが、忙しくて飲み忘れると、2週間くらいで、顔の老け感をグンと感じます。

老け顔感に初めて気付いた時には、「顔の筋力不足か?」と、集中してトレーニングをしたのですが、通常は、トレーニングしたらすぐにひきあがる顔が、トレーニングの効果を感じにくくなり、さらに、肌が薄くなったようで、肌のもっちり感が明らかに減ってしまったのです。

同じトレーニングでも、コラーゲンを飲みながらするのと、コラーゲンを飲まずにやるのとでは、効果が断然違う。
つくづく、真皮のコラーゲン量を増やすという事が、いかに大切なのかを実感したわけです。

とはいえ、じゃぁ、コラーゲンサプリを飲めばそれで良い、というわけでもなくて、トレーニングやケミカル断ちを併せてこそ、最大の効果が出てまいります。

2.どんなコラーゲンを選べば良いのか

「どんなコラーゲンを飲めばいいですか?」という質問をよくいただくのですが、これは身体の状況や、アレルギーがあるかどうかなど、個人差もありますので、ケミカル絶ち同様、自分で確かめて、一生飲んでいくものを探す必要があります。

ちなみにわたくし自身は、「フォーエバーヤング」というコラーゲンサプリを10年以上愛用しています。

わたくしが一番こだわったのは、無添加であること。これは絶対ですね。
「コラーゲンの質」というのは確かに重要なのですが、それに匹敵する。いや、それ以上に重要とも言える部分。
添加物が入っていない。というのは、非常に重要な事なのです。

それから、原材料が天然であること。栄養素が壊れない低温製造であること。
この3点が、わたくしがフォーエバーヤングを飲み続ける3大ポイントです。

しかし、この3点を満たすサプリは、日本国内にはほとんどなく、色々ジプシーしても納得がいくものが出会えてなかった頃、肌の綺麗な友人に教えて貰ったのが、このサプリに出会ったきっかけでした。

ちなみに、ダグラス社のコラーゲンフォルテ(アメリカ製)というコラーゲンサプリも、天然成分で、かつ、製造方法が低温だったので、購入して飲んでみました。
しかし、粒があまりに大きくて飲みにくく、1日に飲む数が多い。
その割に、実感として、当時1番の悩みだった目の下への効果は、フォーエバーヤングのほうがはるかに大きい、という事で、
フォーエバーヤングに軍配があがりました。

フォーエバーヤングの使用感にもっと興味がある方は、「コラーゲンサプリ-愛用品リスト」をお読みください。

ただし、人それぞれ、合うものは違います。

理論として
■添加物を含まないものを選ぶ
■天然の栄養素のものを選ぶ
■低温加工のものを選ぶ

以上3点を踏まえて、自身に合うサプリメントを選ぶのがオススメです。

おきゃんママが飲んでいるコラーゲンサプリはこちら

3.コラーゲンの正しい飲み方

コラーゲンが、「お肌のため」にもっとも活性されるのは、寝ている間です。

コラーゲンという栄養は、お肌だけじゃなくて、骨などにもたくさん使われていますし、それから、もともとコラーゲンは、アミノ酸の集合体ですから、体内で、必要に応じて、他のアミノ酸に変化してしまう可能性を含みます。

お肌のためにコラーゲンを活性させるには、絶対に欠かせないポイントがあります。

それは、「飲む時間帯」です。

サプリメントは、医薬品ではないので、飲むべき時間というのは、記載されていません。
しかし、お肌のために、コラーゲンを活性させたいのであれば、絶対に、「睡眠の前後」に飲むべきなのです。

特に、「睡眠の前」は欠かせません。

寝ている間は、成長ホルモンの分泌により、お肌のターンオーバーが行われるから、という理由は当然として、それから、寝ている間というのは、必然的に、筋肉を動かす量が減りますよね。
筋肉を使っていない時間帯だから、他の部位に、コラーゲンを持って行かれる事が、少ないのです。
つまり、最大限、コラーゲンがお肌で働いてくれるわけ。

「睡眠の後」つまり、「寝起きも、同様の理由でオススメ時間となるわけですが、でも、朝って、人によっては、起きてすぐからバタバタと忙しくなりますよね。
そういう方は、睡眠前に、朝の分も飲んでしまう、というのもアリだと思います。

ちなみに私が飲んでいるフォーエバーヤングは、寝る直前1粒、寝起き1粒というのが、摂取目安となっていますが、私は、寝る前に2粒、寝起きに1粒飲んでいます。
時々、寝起きは飲み忘れますが、寝る直前だけは、絶対に飲み忘れないように心しています。

4.コラーゲンで結果を出すための期間

コラーゲンは、真皮にある線維芽細胞の主成分、という話をしましたが、これは、お肌だけじゃなくて、骨や、腱(けん)なども同様です。

だから、飲んだコラーゲンが、お肌で働いてくれるか、それとも、骨や腱(けん)で働いてくれるか。
それは、わかりません。

ただ、栄養素には、「生命にとって大切なことから使われる」という性質があります。

「生命」を軸に考えれば、美肌よりも、丈夫な骨とか、丈夫な腱(けん)の方が大事である、と判断されますので、最初は絶対に、骨や腱(けん)。
それから、脳や心臓、血管や筋肉などにコラーゲンは使われます。

その後、ようやく、お肌に使われます。
「生命」を軸に考えると、「美肌」というのは、最後の最後の重要度なのです。

そのため、コラーゲンを飲んでも、すぐにお肌に効果を感じない場合もあります。

骨や腱(けん)、脳や心臓、血管、筋肉の傷み具合にもよりますが、最低でも3か月は覚悟しておいた方が良いでしょう。

逆に言うと、コラーゲンの効果をすぐに感じられる方は、骨や腱(けん)、脳や心臓、血管、筋肉などが、元気な証拠とも言えます。

コラーゲンで、自身の健康状態が予測出来る、というのもありがたい点と言えるかもしれません。

5.コラーゲンの効果をアップさせるサプリメント

これも、人それぞれと言える部分なのですが、栄養素というのは、「基礎栄養素」が揃ってこそ、最大限の効果を発揮する、という部分があります。

ですから、「マルチビタミン&ミネラル」や、「抗酸化栄養素」を併せて飲む事で、コラーゲンの効果が最大限あらわれる、という側面があります。

基礎栄養素は、お肌のキメやターンオーバーにも関係しますし、抗酸化栄養素には、シミをやっつけたり、出来にくくするパワーもありますので、トータルで「美肌」を目指したい方は、こうしたサプリメントも併せて飲む事がオススメです。

また、コラーゲンと似たような働きになりますが、ヒアルロン酸やエラスチンも併せて飲むと、より効果的です。

6.コラーゲンを飲んでも意味がない、という説はウソ

時々、「コラーゲンサプリを飲んでも意味がないんでしょ?」と聞かれる事があります。
テレビや雑誌でとり上げられる事もあるので、信じている方もいるかもしれません。
しかし、それを信じてしまうのは、非常にもったいない!
どんだけ古い情報を元にしているの!?という話です。

そもそも、「意味がない」という説の理由は、「コラーゲンは、消化段階でアミノ酸に分解されてしまう。だから、コラーゲンとして働くかどうかは未知数」というものです。

コラーゲンは、消化段階でアミノ酸になる。これは事実です。
しかし、すでに時代は、そんな事は凌駕しています。

コラーゲンサプリや、コラーゲンドリンクを飲んでいる方は、きっと見たことがあると思います。
「コラーゲンペプチド」という表記。

コラーゲンペプチドというのは、要は、コラーゲンをさらに細分化したものですよ、という意味なのですが、
コラーゲンペプチドの形で摂取すれば、普通のコラーゲンよりも吸収性が高く、コラーゲンとしての働きにつながるのです。

現在は、ほとんどのコラーゲン製品に、「ペプチド」と書いてあると思います。
(極端に安いものは、ペプチドじゃないものがあるかも?)

「コラーゲンを飲んでも意味がない」という「古い説」は、気にせず、しっかりとコラーゲンを摂取していく事をオススメします。

さらに言うと、原材料が豚などのコラーゲンペプチドよりも、お魚や貝などの海産物が原材料になっているコラーゲンペプチドがベスト!

あと、ペプチド化されたコラーゲンには、ぷるぷるした食感というのはありません。
ペプチドと書いてあるのにぷるぷるしているものは、おそらく、添加物でぷるぷるさせているのでしょう。
添加物は、せっかくの栄養素の活性を妨げるもの。ぷるぷるしていないものを選ぶ、というのも1つの手です。

7.真皮のコラーゲンを増やす方法-まとめ

コラーゲンが、美肌に欠かせない栄養素である事は、間違いありません。
コラーゲンが活性すれば、真皮の線維芽細胞に弾力がうまれ、お肌そのものがもちもちとします。
お肌に弾力が生まれれば、それだけで、シワもたるみも大きく改善します。

さらに、顔筋のトレーニングの成果も変わってきます。

ぜひ、自分自身に合うコラーゲンを見つけて、日常に取り入れていってください。

■どんなコラーゲンを選べば良いの?
魚由来のコラーゲンペプチドがダントツでオススメ!
さらに、
・添加物を含まないものを選ぶ
・天然の栄養素のものを選ぶ
・低温加工のものを選ぶ
ここまで満たせば、完璧です!

■いつ飲めばいいの?
寝る直前は、欠かさず飲むのがオススメ!

■どのくらい飲めばいいの?
最低でも3ヶ月は飲んでみるのがオススメ!
(※疱疹など、アレルギー症状が出る場合は、もちろん飲むのをやめてくださいね。)

■それでも効果が出ないときは?
マルチビタミン&ミネラルを併せて飲んでみる。
抗酸化栄養を併せて飲んでみる。

 

おきゃんママが飲んでいるコラーゲンサプリはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で若見えラボをフォローしよう!

おきゃんママ流たるみ改善3大セオリー ステップ1 【顔の重心を上に上げる!】 「たるみ改善プログラム」
ステップ2 【 その引き上げを維持する 】 コラーゲンで真皮の弾力アップ!
ステップ3 【 斜め毛穴の下垂を防ぐ 】 無添加化粧品でケミカル断ち!
実践された方からの(比較画像満載) 嬉しいお便り

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1962年10月5日生まれ たるみ改善コンサルタント
一般社団法人日本セルフリフティング協会 代表理事
ニックネームは「おきゃんママ」。 自身が老け顔に悩んだ経験をもとに考案した「たるみ改善!顔ダンス」は、「コワいほど顔が上がる!」と評判を呼ぶ。
著書に『たるみが消える!顔ダンス』、『【DVD付】顔ダンスで即たるみが上がる! 若返る!』(世界文化社)がある。メディア出演多数。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です