上まぶたのたるみ(特に目じり)はなんとかなりませんか?

こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

顔ダンスは顔を若く見せる効果がありますが、万能ではありません

顔ダンスのメソッドは、顔の中でも不得意な部位があります。
それは、上まぶたの目尻よりのたるみです。

たまにこの件について質問を頂きます。

年齢重ねると二重まぶたが一重っぽくなってきますが
これが顔ダンスで完全に改善できるか?といえば正直難しいです。

一方、顔ダンスの得意な部位は、
フェイスライン、ほほの下がり、口角の下がり。

これらに関しては、かなりの改善が見込めます。

1年間しっかり継続すれば、
フェイスラインのたるみやほほ、口角の下がりはよくなってくるでしょう。

で、先ほどの上まぶたの目尻部分に関してですが
先週の実践メソッドでお伝えした、ここぞ!という時のウインク運動ですよね。

読んでいない方はこちらに記事があります。

これが有効です。

まずは、緊急時にパッと見の印象を若くすることが出来ます。

ただ、長期的に改善する方法については、
今色々と考えているところです。

先週もお伝えしましたが
顔ダンス(たるみ改善プログラム)はできた当初から完成形だったので、
これ以上ものは、現状できないんですよね。

上まぶたの目尻よりって
たぶんフェイスリフトでも難しいじゃないかな。

フェイスリフトをした上に上まぶたを切開して
たるみを取って引き上げる、
2段階の作業が必要だと思います。

一時的にはスッキリするでしょう。

例えば、上まぶたのたるみで視界が狭くなり歩くのが危険、
または、たるみでものが見えずらく頭痛がするとか。

あまりにもひどい場合は、眼瞼下垂(がんけんかすい)も考えられます。
これは専用の手術が必要となります。

あと、一時期流行りましたよね、
眉下切開による上まぶたの引き上げ。

これは、絶対しないでくださいね!

短期的には目尻が上がりますが
数年後に眉毛が下がってる人を何人も見ました。

たるみにひっぱられて眉毛が下がる↓
結果、引き上げていた目尻も下がる

それと、よほど眉毛(特に眉毛の端)が豊かな人以外は
切ったラインが微妙に白く光り、バレバレです。

まぶたのラインにそって切開すれば
二重のラインに隠れるので、まだ目立つことはないでしょうけど。

やはり一番安全で有効なのは、額のトレーニング!
上まぶたのたるみをある程度引き上げてくれます。

ベーストレーニング3「額を鍛える」。
(やり方は、下のリンク記事にあります)

通常は10回ですが、上まぶたのたるみに悩む方は
100回眉毛の上げ下げをして、10秒キープしてみてください。

コツは、とにかくゆっくりと確実に限界まで眉毛を上げること。

このとき、必ず指を額においてシワを防ぐようにしましょう。

前頭筋と後頭筋が連動して鍛えられ
頭部から顔に落ちてくるたるみを防止するとともに
上まぶたをある程度引き上げる効果があります。

現状ではこの方法がベストです。

その他の注意点としては、
洗顔時や化粧水をつけるときなどに
自分で気づかないうちに顔の側面を下に撫でていることも。

このような毎日の何気ない習慣が
顔や目じりをたるませていることもあるので注意が必要ですね。

ちなみに私は、クリームを付けるときに
右手で顔の右側を下方向になでる癖があるのに最近気づきました!
気を付けなければ^^;

今後もっと上まぶたに有効な方法が見つかれば、シェアしますね!

◇今週、参考になれば嬉しい女磨き塾ブログ

若見えのポイントはフェイスラインの美しさ

・この記事のコメント
フェイスラインのたるみは顔ダンスの得意とするところ。
きっちり実践すれば、ほとんどの方が見違えるようなフェイスラインになれます。

ただ、そこまで行くまでに諦める方がいるのも事実。
これはもったいない!

フェイスリフトを考える前に、やってみてくださいね。

◇今週、参考になればいいな!の若見えブログ

老けてみえる「まぶたのたるみ」を自分で解消する3つのコツ

・この記事のコメント
今回のテーマの「上まぶたのたるみ」
さらに、下まぶたのたるみの改善法についても書いています。

上まぶたのたるみの改善には、今のところ、この方法がもっとも良いでしょう。
ぜひ参考になさってくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で若見えラボをフォローしよう!

おきゃんママ流たるみ改善3大セオリー ステップ1 【顔の重心を上に上げる!】 「たるみ改善プログラム」
ステップ2 【 その引き上げを維持する 】 コラーゲンで真皮の弾力アップ!
ステップ3 【 斜め毛穴の下垂を防ぐ 】 無添加化粧品でケミカル断ち!
実践された方からの(比較画像満載) 嬉しいお便り

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1962年10月5日生まれ たるみ改善コンサルタント
一般社団法人日本セルフリフティング協会 代表理事
ニックネームは「おきゃんママ」。 自身が老け顔に悩んだ経験をもとに考案した「たるみ改善!顔ダンス」は、「コワいほど顔が上がる!」と評判を呼ぶ。
著書に『たるみが消える!顔ダンス』、『【DVD付】顔ダンスで即たるみが上がる! 若返る!』(世界文化社)がある。メディア出演多数。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です