左右非対称の顔を改善する方法

こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

「左右バランスの悪い顔をなんとかしたいんです」

という方、結構多いんですよね。

でも私思うんですけど
左右をきっちり同じにする必要ありますかね?

というか、左右が全くおんなじ顔なんて
この世にないと思うんですよ。実際。
お人形さんではないので。

前に、ある雑誌で興味深い特集をやってました。

芸能人(イケメン限定)の顔を左右全く同じにしたらどうなるか?
というもの。

写真を編集して載せてるんですが
すごい変な顔になるんですよね。

一例を挙げると、福山雅治が福山雅治でなくなる(笑)

福山さんって顔の右と左、結構違うんですよね。
目の二重の幅も違う。

でもそれがかえって魅力になってたんだなぁとつくづく思いました。

とはいえ、極端に左右が違う場合は
なんとかした方がよいかもしれません。

例えば、口角の高さが左右極端に違うとか。

私の感覚では、5ミリ以上、口角の高さに左右差があれば
矯正した方がいいでしょうね。

口角どちらかが極端に上がっていると(もしくは下がっていると)
ちょっと意地悪くみえちゃうんです。

それはもったいないなぁと思う。

それ以外の左右差は
それほど気にしなくても良いと思います。

他に左右差のお悩みで多いのは、

顎のでっぱり(エラ部分)の大きさが左右違う
や、
ほほのたるみ度が左右違う。
など。

これらは、骨格も影響しています。

あとは日常生活の癖が原因になっていることもあります。

・鞄をいつも同じ側の手でもつ
・足を組む癖がある(骨盤のねじれが最終的に顔のたるみに影響します!)
・テレビをみるときに、いつも右もしくは左ばかり向いている

あと、いつも同じ側の歯で噛む癖がある。

これらをすぐに直すことは難しいかもしれませんが
ちょっと心がけるだけで、大分違います。

ちなみに、私は右手に鞄を持つ癖があります。

なので、たまに左手に持つと体が左に傾きます(笑)

これは良くないので、できるだけ右左と交互に持つようしています。

あるモデルさんは15分ごとに鞄を持ち替えるそうです。
モデルにとって、体のゆがみは致命傷。
美しい姿勢を保つコツなのだそうです。

よく聞かれるのですが、
顔の左右差を顔のトレーニングだけで治すことはできません。

まずは上記の日常生活の中の癖を解消した上で
左右対称になっていることを確認しながら、顔ダンスを行うのがベスト。

左右対称を確認とは、
眉毛の位置、目尻の位置、口角の位置が揃うのを
意識してトレーニングするということです。

最初は揃わなくても、大丈夫。

意識してトレーニングをしているうちに
顔の筋肉の強さが左右揃ってきて、左右差は改善されていきます。

右の顔が下がってるので、右だけ集中してやってもいいですか?と、
これもよく聞かれます。

でもその方法は逆効果です。
顔の片方だけ動かすなんて、私たち日常ではまずやりませんよね。

顔の筋肉に歪みが出る可能性があります。

なので、左右が揃うように「意識しながら」
左右の顔を同じ回数だけ動かすのがベストなんですね。

◇今週、参考になれば嬉しい女磨き塾ブログ

ほうれい線が片側だけ目立つ

・この記事のコメント
顔の左右差で言えば、ほうれい線の深さの違いも良く聞きますね。
結構、片方の歯で偏って噛む、が原因の方が多い印象です。

あと、いつも同じ方を下にして寝る!
下にした方だけほうれい線がくっきり、なんてことも。

◇今週、参考になればいいな!の若見えブログ

ほうれい線が片方だけ深いのはなぜ?意外な3つの原因と改善法

・この記事のコメント
こちらはさらに突っ込んだ実践編です。
ぜひ参考になさってくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で若見えラボをフォローしよう!

おきゃんママ流たるみ改善3大セオリー ステップ1 【顔の重心を上に上げる!】 「たるみ改善プログラム」
ステップ2 【 その引き上げを維持する 】 コラーゲンで真皮の弾力アップ!
ステップ3 【 斜め毛穴の下垂を防ぐ 】 無添加化粧品でケミカル断ち!
実践された方からの(比較画像満載) 嬉しいお便り

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1962年10月5日生まれ たるみ改善コンサルタント
一般社団法人日本セルフリフティング協会 代表理事
ニックネームは「おきゃんママ」。 自身が老け顔に悩んだ経験をもとに考案した「たるみ改善!顔ダンス」は、「コワいほど顔が上がる!」と評判を呼ぶ。
著書に『たるみが消える!顔ダンス』、『【DVD付】顔ダンスで即たるみが上がる! 若返る!』(世界文化社)がある。メディア出演多数。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です