若づくりに違和感 どこまで許されるか?

こんにちは。おきゃんママこと加藤ひとみです。

レッスンに来られた方の中に、まれに、
「20代の若々しかった頃に戻りたい」と言う方がおられます。

顔ダンスである程度の若返りは可能ですが
どこを目指すか?が問題です。

この方の場合、20代の顔に戻りたいのか、
全身まるごと、20代の雰囲気をまといたいのか。

たまに街で、気持ちは分かるんだけど
ちょっと違和感だなぁと感じることがあります。

そんな人に出会ったとき
わたくしは自分を戒めます。

とかく若さだけにこだわると
意図せずともバランスを欠いてしまうんですね。

髪型だけ若くなってもおかしい
洋服だけ若くなってもおかしい
まつげだけ若くなってもおかしい

これからお伝えする例は、あくまで、
50代で目指す方向とは逆の印象を持たれる危険性としてのお話ですので、

ああ、そうなのかもな~と気楽に読んで頂ければ幸いです。

■瞳を大きく見せるブラウンのコンタクト

これは危険です。
特に50代からは止めた方がよい。

瞳を大きく見せるのはまだいいが
問題は瞳の色を薄く見せるブラウンにあり。

50代以上がこれをすると、白内障になりかけに見える。

■がっつりのつけまつげ

最近はさすがに減りましたが
たまにまつげ命の奥方に出会うことがあります。

つけまつげの目尻がはがれかかっていても
老眼で気づかない。

また、太く長くするボリューム&ロングマスカラをつけすぎると
繊維に繊維がつながった状態でまつげに絡み、

しかもまつげに繊維を支えるだけのコシが無いもんだから
ひじきが上まぶたにぶら下がっているように見える。

■膝上丈のミニスカート

50代でも膝小僧が綺麗なら問題ない。

しかし膝関節の上部に岩肉が盛っていたら、止めた方がよかろう。

注:岩肉とは
ばこぼこした膝のお肉のカタマリ

ましてや、膝を伸ばした時に、
膝の真上に横シワが何本もよる場合、禁止条例発令ですね。

■茶髪

50代はやはり、黒から深いブラウン系が綺麗かな?

黄色っぽいカラーの茶髪に染めた人は
ほとんど見かけなくなりましたね。

でもたま~にいらっしゃいます。
もれなく生活に疲れて見えるから不思議。

・・・・とまあ、色々語らせて頂きましたが、
これは全部、何度も言いますが、わたくし自身を戒めているのであります。

美しく洗練された50代のイメージは
素肌が綺麗で、ファンデーションが薄め。

口紅は赤すぎない、
かといって顔の色が悪く見えるヌーディーな色でもない
ほどよく肌に馴染むピンク色。

アイラインは上まつげの際だけ、黒で細くしっかりと
下まぶたはラインを入れない方が若く見える。

下まぶたのアイラインは、
時間とととににじみ、目尻が下がって見えるので

最近わたくしは上まぶたのみに入れるようにしております。

あと、バスト。

若い頃はみんな大小かかわらず、ハリがあり
しかも肩から肘の真ん中あたりにバストトップがあるものです。

しかし加齢とともに誰しもが、柔らかくなり下がってきます。

実はわたくし、今だから言える告白ですが、
娘時代から貧乳に悩み
本気で豊胸を考えたことがありました。

貧乳度数はAAカップ^^;

まじで、ナ●モクリニックでカウンセリング受けましたから。

「Dカップのシリコンを入れましょう。素敵なおムネになれますよ」(ニッコリ)

と主治医に言われ、もう少しで本気で契約するところでした。

でも、豊胸した胸は80歳になってもほとんど垂れず
丸い形をしたままと知り、

お尻や首や腕や色んなところが下垂してシワシワになっても
胸だけそんな状態じゃぁおかしいよな~と考えを改めました。

バストもやはりバランスですよね。

スカートから出た膝も、まつげも瞳の色も髪型、髪色、すべてバランス。

その人の声や話し方、表情、しぐさ、姿勢、着ているもの、歩き方
その人が醸し出す雰囲気。

そういったバランスを無視して
こうしたら若々しいかも?と好みだけで昔の感覚でやってしまうと
失敗することが多いんです。

フレグランスもしかり。

若い女性に人気のライトな香りは
40代50代が纏うと、狙った香りにならないことがあります。

つけて時間がたつと、イメージとしては
トイレの横の化粧品売り場のようなニオイに変化する場合があるので、要注意ですね。

◇今週、参考になれば嬉しい女磨き塾ブログ

電車の中の光景~若さゆえ

・この記事のコメント
わたくしは人間ウォッチングが好きです。
人が好き。

なぜこの人は、若く見えるのか?老けて見えるのか?
それを追及していたら、顔ダンスが出来ました。

むろん、きっかけは老け顔に悩んだことですが。

◇今週、参考になればいいな!の若見えブログ

顔のたるみ解消法|原因と顔を若返らせる簡単メソッドまとめ

・この記事のコメント
老け顔になっている!と自覚した日から、辛さは続きます。

老け顔の大きな原因は、顔のたるみ。
これを攻略しない限り、苦しみから脱することはできません。

しかし、あくまで悩んでいる人は、です。

たるんでいてもなんとも思わない人は
初めから苦しみなんかないんですから。

辛い方はぜひ参考になると思います。
医療美容の分野にも触れています。

それでは、今日も元気にお過ごし下さい!(^^)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で若見えラボをフォローしよう!

おきゃんママ流たるみ改善3大セオリー ステップ1 【顔の重心を上に上げる!】 「たるみ改善プログラム」
ステップ2 【 その引き上げを維持する 】 コラーゲンで真皮の弾力アップ!
ステップ3 【 斜め毛穴の下垂を防ぐ 】 無添加化粧品でケミカル断ち!
実践された方からの(比較画像満載) 嬉しいお便り

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1962年10月5日生まれ たるみ改善コンサルタント
一般社団法人日本セルフリフティング協会 代表理事
ニックネームは「おきゃんママ」。 自身が老け顔に悩んだ経験をもとに考案した「たるみ改善!顔ダンス」は、「コワいほど顔が上がる!」と評判を呼ぶ。
著書に『たるみが消える!顔ダンス』、『【DVD付】顔ダンスで即たるみが上がる! 若返る!』(世界文化社)がある。メディア出演多数。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です