眼窩脂肪を自力で解消|目の下をスッキリさせる方法

目の下のたるみの大きな原因は「眼窩脂肪」です。眼窩脂肪(がんかしぼう)という眼球の下にある脂肪が突出してきたことにより、目の下にたるみ状のふくらみが出来てしまうのです。ですから、たるみを改善するためには眼窩脂肪を取り除くことが必要です。

突出した眼窩脂肪を取り除く方法として一番に思いつくのは美容整形ですが、「美容整形は怖いイメージがあってちょっと……」という方もいることでしょう。

美容整形で眼窩脂肪を取り除くには、切除が必要となります。目の下のまつげの生え際を切って、飛び出ている眼窩脂肪を取り除く、もしくは減らして縫合する、という手順で行います。別名「脱脂」ともいわれるこの手術は、傷や失敗のリスクなど、色々と不安な材料が沢山あります。

できれば安全に、できるだけお金をかけずに目の下のたるみを解消したいものです。実は、眼窩脂肪の飛び出しは、手術せずとも自力で解消できるのです。

この記事では、突出した眼窩脂肪を自力で解消する方法をご紹介していきます。眼窩脂肪が解消されれば、目の下のたるみも改善して若返ることができますよ。眼窩脂肪に悩まされない、若々しい目元を取り戻しましょう!

目次

1.眼窩脂肪は自力で解消できる

眼窩脂肪を自力で解消する女性の画像

下まぶたの下に溜まったぷよぷよとした眼窩脂肪。マッサージをしてもなかなか効果がみられず、解消するためには「美容整形でしかないのでは?」と感じている方も少なくないと思います。

しかし、私自身が経験して言えるのは、この眼窩脂肪は自力で解消できるものだということです。

1-1.眼窩脂肪を自力で解消するために必要なこと

眼窩脂肪は自力で解消できるものですが、自力で解消するためには根気よくケアを続けていく必要があります。美容整形のように、メスを入れて余分な脂肪を取り出すというわけではありませんから、地道にケアを続けていかなければなりません。

とはいえ、ここでご紹介する方法を続けていくと、必ず良い結果がみられます。大切なのはあきらめないこと。必ず良い結果につながると信じて、地道に努力を続けていきましょう。

なお、目の下のたるみを解消するためにやるべき3つのセルフケアとしてまとめた『  目の下のたるみを自分で改善する3つの簡単セルフケア 』も参考にしてください。

2.眼窩脂肪が目の下のたるみの原因

目の下にたるみができると疲れて見えたり、老けて見えたりして悩みの種となりますが、このたるみの正体は眼窩脂肪です。どのように眼窩脂肪が目の下にたるみを生じさせるのか、説明していきたいと思います。

2-1.眼窩脂肪がたるみをつくるプロセス

眼窩脂肪というのは、眼球の下にあって衝撃などから眼球を守るためにある脂肪です。

加齢などで眼球を支える靭帯がゆるんでしまうと、眼球が下に下がってしまい、眼球の重みによって眼窩脂肪が前に突出してくるようになります。そのため、目の下にたるみができてしまうのです。


「目の下のたるみ」は眼窩脂肪が前に飛び出た状態

上の図を見てください。眼球を保護している脂肪である「眼窩脂肪」が眼球が下がることにより、目の下の皮膚の方へ飛び出ているのが分かりますね。これが「目の下のたるみ」の原因です。

この目の下のたるみは、放置しておくとどんどんと悪化してしまいますから、早めに対策を講じて眼窩脂肪を元の位置に戻すことが大切です。

では、どのようにたるみの原因となる眼窩脂肪を自力で解消することができるのでしょうか。

3.眼窩脂肪を自力で解消する方法

前の方に飛び出してしまった眼窩脂肪を解消するためには、眼輪筋という筋肉を鍛えることが効果的です。眼輪筋は目の周りにある筋肉ですが、この部分の筋肉を鍛えることで眼窩脂肪を押さえつけて、眼窩脂肪が前へ飛び出すのを防ぐことができるからです。

眼輪筋は目の周りをぐるりと取り囲み、主に目を閉じる時に働く表情筋の一つです。

下まぶたのたるみ改善トレーニング説明画像
眼輪筋(がんりんきん)

眼輪筋はまばたきで使うとはいえ、微々たる動きしかしないので、とても衰えやすい筋肉です。眼窩脂肪の飛び出しを防ぐには、眼輪筋の特に下側をしっかりと鍛えることが必要です。

眼窩脂肪が飛び出るメカニズムの画像

上の図は眼輪筋がさらに弱るとどうなるか?を示したものです。眼輪筋にハリがあれば、これほど目の下がふくらんでしまうことはないですよね。

ちなみに上の図まで悪化してしまうと、見た目的には・・・

重度の眼窩脂肪の突出の例の画像

こんな感じになってしまいます。

眼窩脂肪を自力で解消説明画像

眼窩脂肪が飛び出ている赤丸で囲んだ部分には眼輪筋があります。眼輪筋が弱っているから、これほど眼窩脂肪が目に見えてふくらんで見えるのですね。

表情筋のイラスト 眼窩脂肪を自力で改善する場所の画像

眼輪筋をしっかり鍛えると、眼窩脂肪を奥に戻すことができます。目の下のたるみがある赤く塗りつぶした部分がポイントです。

眼輪筋は年齢とともに衰えてくる筋肉ですから、これからご紹介するトレーニング法を覚え、自力でしっかりと改善してまいりましょう。

3-1.眼輪筋を自力で鍛えるトレーニング

目の周りをぐるっと囲むようにしてある眼輪筋は、表情筋のひとつです。この筋肉は加齢によっても衰えますが、若くても使わないでいると衰えます。逆によく使うことで鍛えることができますから、こちらでご紹介するトレーニングを毎日の日課にしてみてください。

眼輪筋の下側をしっかりと鍛えるトレーニングと眼輪筋全体を鍛えるトレーニングの2つをご紹介します。眼窩脂肪を自力で解消するために欠かせないトレーニングばかりです。頑張りましょう!

①下まぶたを自力で鍛えるトレーニング

まずご紹介するのは、たるみが気になる下まぶたにフォーカスしたトレーニングです。先ほどの赤丸で塗りつぶした部分をしっかりと鍛えます。

1.椅子に座って上を見上げる。

21の姿勢のまま、下まぶたを上まぶたの方へグッと引き上げて目を細める。このとき舌を歯で軽く噛むと、目の下に集中できる。

3.そのままの姿勢で5秒間キープ。

4.顔を下ろし、3を繰り返す。目の下がだるくなる感覚があれば終了。だるくならない場合は、10回を目安に。

下まぶたのトレーニング画像

下まぶたを鍛える動画はこちら↓ ※顔を正面にし、目の下の上げ下げを繰り返して説明しています。動きの参考にしてください。

②眼輪筋全体を鍛えるトレーニング

次に眼輪筋全体を鍛えるトレーニングをご紹介します。

1、舌を上下の歯で軽く噛み、片目をつぶってウィンクする。これを踏切の信号機のように左右の目で繰り返す。

目の周りがだるくなれば終了。だるくならなければ、左右30回を目安に。

目の下のたるみ改善トレーニングの解説画像

眼輪筋全体を鍛える動画はこちら↓ ※眼輪筋の特に横側がしっかり鍛えられます。

このトレーニングをしながら目の周りを指で触ると、眼輪筋がしっかりと動いて鍛えられているのが分かると思います。

眼窩脂肪を自力で解消できるまでの期間は?

①と②のトレーニングを続けていると、眼窩脂肪の飛び出しが徐々に目立たなくなってきます。

気になるのは効果が出てくるまでの期間ですよね。だいたいの目安は、毎日トレーニングを継続して平均2ヶ月くらいです。ただし、眼窩脂肪がどれくらい飛び出しているのかの症状により改善までの期間が変わります。

軽い症状の人は、1ヶ月程度、相当悪化している人は1年以上かかる場合もあります。

症状によっては自力での改善が難しいこともある

ただし、眼窩脂肪の飛び出しの程度によっては自力での改善が難しい場合があります。できるだけリスクのない方法をとるのがベストですが、重度の症状の人でどうしても眼窩脂肪を無くしたい!と思う場合は、手術を検討することになるかもしれません。

でも手術は失敗のリスクなど心配ですよね。目の下のたるみ取りの手術については、『 目の下のたるみ取り手術は失敗しない?手術の種類と費用とリスク 』にまとめています。念のため参考にしてください。

4.美顔器も眼窩脂肪の解消に効果的

美顔器を使っている女性の画像

眼窩脂肪を自力で解消するにあたって強い味方となってくれるのが美顔器です。美顔器にはいろんなタイプのものがありますので、眼窩脂肪による目の下のたるみに効く美顔器を選ぶようにすることが大切です。

おススメの美顔器を3台ご紹介しますので、美顔器選びの参考にしてくださいね。

1位:RFとクーリング機能が強力な「リフォフェイス」

リフォフェイス(LIFOFACE)
リフォフェイス(LIFOFACE)

リフォフェイスは、目の下のたるみに欠かせない4大機能をすべて備えています。1台で済ませたい人には最高の美顔器でしょう。特に下記の4つの機能が魅力です。

●RF機能・・・肌の深部を温めて活性化・弾力アップと引きしめ
●マイクロカレント機能・・・生体電流に近い微弱電流で新陳代謝を整える
●光フォト機能・・・赤色LEDで肌のキメを整える
●アイシング機能・・・コースの最後に自動でクールダウンする

まず、美容クリニックで使うサーマクールでおなじみ、RF高周波(ラジオ波)で肌の奥を温める機能があります。真皮を温め活性化させるので、肌のハリを失ったタイプの目の下のたるみには向いています。

さらに、皮膚の活性化を電気刺激で促すマイクロカレント機能があります。目の下のたるみがある部分は、皮膚にハリがなくなるので、マイクロカレント機能はとても嬉しいです。

リフォフェイスの機能はそれだけではなく、肌のキメを整える光フォトも搭載されています。目の下はクマができやすいので、この光フォト機能は良いですね。

もう一つ、肌を引き締める大切な機能、アイシングが搭載されています。RF高周波やマイクロカレントのあと、肌をしっかりと引き締めて仕上げができます。

細胞の中のHSP(ヒートショックプロテイン)は、温める→冷やすの温度差によっても増加すると考えられています。温熱刺激を受けた肌を一気にクールダウンすることで、鎮静と引き締めをダブルでサポートしてくれます。

リフォフェイス(LIFOFACE)の良い点

リフォフェイス(LIFOFACE)の良い点は、この1台だけでRF機能とマイクロカレント機能、光フォトとアイシング機能を併せ持っていることです。RFだけ、マイクロカレントだけ、光フォトだけ、という機種や、この中の2~3種類の機能を備えたものは多いですが、4つすべてそろっているのは嬉しいです。

しかも肌を鎮静化させるアイシングモードは、コースの最後に自動で切り替わるので、わざわざ操作をする必要はありません。これはとても良い点だと思います。

コースは、「リフティングコース」、「RFコース」、「ICEコース」の3種類。シンプルなぶん、とても使いやすいという特徴があります。

特にコースの最後のアイシング機能は、瞬時に21°Cまでヘッドの温度が下がります。一気にクーリングダウンするので効果的にお手入れできます。お値段もジェルとセットで39,800円と、高機能なわりには決して高い方ではありません。

また、美顔器とジェルのお得なセットは、安く買える条件としてジェルの定期購入が義務づけられているものが多いです。4回まで解約できないとか、6回までは必須とか、注意書きに書いてあることがあるので注意が必要です。

その点、リフォフェイスは初回の1回買い切りのみ。本体とジェルのセットでお得になりますが、ジェルの定期購入は義務付けられていません。その点も魅力的ですね。

リフォフェイス(LIFOFACE)の悪い点

次にリフォフェイスの悪い点です。とくには見当たらないですが、しいて挙げるとすれば、EMS機能がないことでしょうか。

しかし、先ほどもお話したように、EMSで目の下の筋肉が鍛えられることは期待できないので、EMSを搭載することで逆に操作が難しくなったり、他の機能が中途半端になるくらいなら、はじめからなくてもよいと思います。

リフォフェイス(LIFOFACE)の総合評価

目の下のたるみおすすめ美顔器として第1位にあげている理由は、目の下のたるみに必要な機能をしっかりと備えているところです。

また操作が簡単なことや、スタンドに立てたまま充電できるところはポイント高いです。収納に場所を取らない上、充電切れを心配せずいつでも好きな時に使えます。

あとは付属のジェルに合成ポリマーが配合されていないことも好評価につながりました。無添加のジェルで安心して目の下の保湿をすることができます。乾燥で目の下にハリが無くなっている時は特におすすめです。ということで、目の下のたるみに悩む方には良い機種だと思います。

その他、やけど防止のチャイムガイド、肌にしっかりフィットするヘッドのマジックリングなど、お肌に優しい機能も備えています。

リフォフェイス(LIFOFACE)の商品情報

<目の下のたるみにおすすめの機能>

RF機能 
マイクロカレント機能 
光フォト機能 
冷却機能 

<定価>

39,800円(税別) ジェル1本付属・ジェルの定期コースが必須ではない

リフォフェイス(LIFOFACE)の公式HP

2位:1点豪華主義 ビューテリジェンスNEWA リフト

ビューテリジェンスniwa リフトの画像

次にご紹介する美顔器、ビューテリジェンスNEWAリフトは、マイクロカレントや光フォト機能は無いのですが、皮膚の引き締めに特化した美顔器です。美容クリニックの切らないたるみ取り「サーマークール」の高周波(RF)技術を応用した美顔器となります。

NEWA リフトの良い点

NEWA リフトの良い点は、機能を一点に絞り、ひきしめに集中特化したところです。余分な機能は一切つけないぶん、RF高周波(ラジオ波)の伝わり方が、色んな機能が同時に搭載された美顔器より高く設計されています。

安全性に配慮した、温度センサーやモーションセンサー、オートストップ機能や金属アレルギーにも配慮しています。しっかりと肌を引き締めたい人には良い機種といえます。

NEWA リフトの悪い点

NEWA リフトの悪い点は、美顔器としては6万円台としてもかなりお高い金額なのに、機能がRFしかないところです。

NEWA リフトの総合評価

目の下のたるみを解消したい場合は、やはり、マイクロカレントや最後のクーリングがあった方が良いです。ただし、顔のたるみが強くてしっかりと顔を引き締めたい人には、RF機能でしっかり引き締めるNEWA リフトが向いています。美容クリニックでサーマクールをしている人は、家でのアフターケアとして効果を持続させることができるでしょう。

ただし、6万円というのは少し勇気がいる価格です。またこの機種を選ぶ場合もできれば家で表情筋をしっかりと鍛えた方が効果が早くあらわれると思います。

NEWA リフトの商品情報

<目の下のたるみにおすすめの機能>

RF機能 

<定価>

62,800円(税別) ジェル1本付属
59,300円(税別) ジェル1本付属・ジェルの定期コースが必須

ビューテリジェンスNEWA リフト公式HP

3位:お手頃価格のエステナードソニックリフティ

エステナードソニックリフティの画像

エステナードソニックリフティは、肌のハリを復活させる、RF高周波、EMS、イオン導入が搭載された美顔器です。マイクロカレントや光フォトなどはないのですが、そのぶん9,800円(ジェルの定期お届け6回必要)で買えるので、とりあえず美顔器を安く購入したい!という方には良いでしょう。

エステナードソニックリフティの良い点

エステナードソニックリフティの良い点は、RFとEMS,イオン導入はあるけど、他の機能がついていないため、シンプルで使いやすいところです。大きなボタンが2つあるだけなので、簡単に操作できます。

持ち手にカーブが付いているため、手にフィットしやすい点もよいところ。基本の機能はしっかりとおさえてあるわりに、比較的買いやすいお値段だと思います。

エステナードソニックリフティの悪い点

エステナードソニックリフティの悪い点は、光フォト機能がないところです。光フォトは2位におすすめしたNEWAリフトにもないですが、NEWAリフトはその分、RF高周波の引き締めに特化していてコンセプトがしっかりしています。とにかく目の下を引き締めたい方に向いています。一方、こちらは少しパワー的にも物足りないかもしれません。

エステナードソニックリフティの総合評価

光フォトの機能があれば明らかに肌が垢抜けしますので、美容クリニックでフォトフェイシャルをしていた方など、同じような効果を自宅でも、と希望する方にはこの機種は向きません。ただし、EMSやイオン導入があるので、表情筋に軽く刺激を与えたいとか、美容成分の導入をしたい方にはこの機種でも十分ではないかと思います。

簡単にシンプルに、でも目の下のたるみのために基本機能のRFは押さえたい!という方には良い美顔器でしょう。

ただし、初回購入は9,800円(税別)とお安いですが、ジェルの定期購入が6か月間継続必須となります。

エステナードソニックリフティの商品情報

<目の下のたるみにおすすめの機能>

RF機能 

<定価>

9,800円(税別) ジェル1本付属・ジェルの定期コースが必須

エステナードソニックリフティの公式HP

5.セルフマッサージは悪化の原因にも!

眼窩脂肪の解消のためにマッサージをする女性の画像

眼窩脂肪を除去するためには「マッサージが効果的なのでは?」と考える人も少なくないと思います。

目の周りのマッサージを行うことで、目元がスッキリとしてくるのは確かですが、誤ったマッサージ方法を続けると逆に目の下のたるみが悪化してしまうことがあるので注意が必要です。

目元は皮膚が薄く、ちょっとした刺激でダメージを与えてしまいます。セルフマッサージによって皮膚が伸びてしまうと、それがたるみの原因となってしまいますのでマッサージする場合は、やさしく丁寧に行うようにしましょう。

5-1.たるみ改善のためのマッサージのやり方

目の下のたるみを改善するためにはリンパマッサージが効果的です。簡単にできる目の周りのリンパマッサージの方法をお伝えします。 

<リンパマッサージの方法>

1.最初に鎖骨のリンパ節を軽くほぐす。

2.両手の人差し指を使って上まぶたを軽く指圧していく。目頭~目尻へと少しずつ指をズラして圧力をかける。

3.目頭~目尻、目尻~こめかみまでリンパを流す。(この時、皮膚を引っ張らないように注意!)

4.下まぶたも2のように目頭側~目尻側に向かって軽く指圧していく。

5.下まぶたも3と同様に目頭~耳の前にあるリンパ節へとリンパを流す。(なでるようにやさしく)

6.耳の前にあるリンパ節~鎖骨のリンパ節へとリンパを流して終了。

目の周りのマッサージはやり過ぎは禁物です。毎日やる必要はなく、23日に1回程度を目安として行うようにしてください。

6.眼窩脂肪を改善するために日常生活でできること

眼窩脂肪は眼輪筋を鍛えるトレーニングを継続していくことで改善することができますが、日常生活でも気をつけたい点があります。

6-1.バランスの取れた食事

栄養バランスの良い食事のイメージ画像

栄養不足でも目元の老化は進みますから、バランスの取れた食事を心がけましょう。特に目元にハリを与えてくれるコラーゲンの生成に欠かせないビタミンCやタンパク質などは不足のないように摂るようにしてください。

アンチエイジング効果のあるビタミンEやイソフラボンが豊富な大豆や大豆食品なども積極的に摂るのがおススメです。

6-2.睡眠不足を避ける

睡眠不足のイメージ画像

睡眠不足になると、血行不良のためにくまができやすくなったり、目元がむくんでしまったりして、余計に目の下のたるみが悪化してしまいます。眼窩脂肪を改善するためには、睡眠時間も十分に確保しましょう。

どうしても睡眠時間を確保するのが難しいという場合は、短時間でも深く眠るのを目指すことができます。寝る前の時間に軽く読めるような本を読んだり、眠りを誘うアロマの香りを枕元に置いたりすると、リラックスして深い眠りにつきやすくなるのでおススメですよ。

7.まとめ

眼窩脂肪を自力で解消する方法をご紹介してきました。眼輪筋を鍛えるトレーニングを継続的に行えば、目の下のたるみとしてあらわれた眼窩脂肪は徐々に改善されていくはずです。必要に応じて美顔器を使用したり、マッサージを行ったりすることもおススメです。

ぜひ眼窩脂肪を解消して、スッキリとした目元を取り戻しましょう。

なお、目の下のたるみを解消する方法は、眼輪筋を鍛える以外に自分でできることが他にもあります。『 目の下のたるみを自分で改善する3つの簡単セルフケア 』の方法を併せて行うとさらに効果的です。参考になさってください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で若見えラボをフォローしよう!

おきゃんママ流たるみ改善3大セオリー ステップ1 【顔の重心を上に上げる!】 「たるみ改善プログラム」
ステップ2 【 その引き上げを維持する 】 コラーゲンで真皮の弾力アップ!
ステップ3 【 斜め毛穴の下垂を防ぐ 】 無添加化粧品でケミカル断ち!
実践された方からの(比較画像満載) 嬉しいお便り

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1962年10月5日生まれ たるみ改善コンサルタント
一般社団法人日本セルフリフティング協会 代表理事
ニックネームは「おきゃんママ」。 自身が老け顔に悩んだ経験をもとに考案した「たるみ改善!顔ダンス」は、「コワいほど顔が上がる!」と評判を呼ぶ。
著書に『たるみが消える!顔ダンス』、『【DVD付】顔ダンスで即たるみが上がる! 若返る!』(世界文化社)がある。メディア出演多数。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です